乾燥肌→シミができました↓原因は?どう対策したら良いの?

乾燥によるシミの対策方法 顔のお悩み

お肌が乾燥するとシミができるって本当ですか?

このページでは、乾燥肌からシミが出きてしまったと悩む女性の口コミと、シミができるメカニズム、対策方法についてまとめています。

乾燥とシミが気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

 

乾燥するとシミになりますか?

私が悩んでいるのは乾燥肌です。

冬の時期になるとその乾燥肌がとても、辛く感じます。
化粧をする時にファンデーションを塗ると絶対鼻周り口周りが乾燥しているのか、粉ふき、みたいになっていることです。
化粧水をぬって、乳液をたっぷりぬったとしても、まだ、乾燥していて、とても困っています。

 

後、目の周りの、シミ?らしき茶色のものがいっぱい出来始めていて、それにも困っています。
化粧をしてしまえばわからないのですが、化粧を落としすっぴんになると、とても目立っています。

 

ケシミンなど試しましたが、あまり効果は見られず、なにでこんなにシミ?そばかす?的なのができるのだろうとこれがもっと濃くなるのか?というのも悩みの一つになってます。
(さーちゃん 21歳 京都)
(お悩み番号033)

鼻周り、口周りから“粉ふき”する、という状態。

お肌がかなり乾燥しているようですね。

21歳と若い、さーちゃんさん。

お悩みのシミの原因は、乾燥によるものかもしれません。

 

シミができる原因の一つにお肌の乾燥があります。

乾燥するとシミができる原因は?

シミができる原因でまず思い浮かぶのが紫外線の影響ではないでしょうか?

“加齢”ももちろんシミができる原因のひとつです。

加齢はともかく、紫外線対策に気をつけている方は多いと思います。

シミの原因として、もう一つ見逃せないのは、“乾燥”です。

乾燥するとシミ?どう関係しているの?

それは、乾燥するとお肌のバリア機能が落ちてしまうからなんです。

詳しく肌の乾燥→シミができるメカニズムについて解説していきます。

 

肌の乾燥からシミができるメカニズム

お肌が乾燥すると、角層のバリア機能が低下してしまいます。

バリア機能が落ちると、お肌が守れず紫外線からのダメージを受けやすくなってしまうんですね。

紫外線のダメージを受ければ、シミの原因となるメラニンがどんどん作られてしまいます。

加えて乾燥により、肌のターンオーバーが正常に行われないと、できたシミもお肌に残ってしまい、どんどん濃くなってしまうのです。

バリア機能が低下していると、お肌はとっても敏感に。

ちょっとした刺激からも肌を守ろうと、よりメラニンを生成しやすくなり、またシミができるという悪循環に。

 

シミを作らない、増やさないためにも、お肌を乾燥から守らないといけませんね。

 

肌の乾燥対策でシミ対策

~作成中です~